自分の運勢をするために行なう方法として手頃になるのが占いです。

タロット中

統計学と繋げる

占いは統計学と結びつくと良く当たる

誕生日占いとは、365日それぞれの日に生まれた人の性格傾向から合うだろう仕事の方向性、相性などが書かれた占いの本です。 発売当時は一冊三千円ほどの分厚く情報量が豊かな本が多かったですが、今では無料で提供してくれるウェブサイトなどもあります。 しかしながらやはり情報量が豊かな本のほうが読み応えがあり、読書としても楽しく一度読んで終わりというものではないのが特徴です。 占いは統計学との結びつきが深ければ深いほど、的中率があがるものといいます。 この誕生日占いも、占いというよりはその日に生まれた人の膨大なデータを集め傾向を統計学で集計したものなので、全てとはいきませんが結果のあちらこちらにハッとするものがあるのです。

誰にでもある誕生日だから会話のきっかけになる

占いというと一人でひっそりというイメージがあります。ですがそれも仕方がありません。氏名や誕生日に血液型、生まれた場所や時間を加味する詳細な占いになると、占ってもらった本人以外はその結果に興味がありません。 しかしこの誕生日占いの良い所は、誰にでもある誕生日だけで良い所です。面識がなかった方との会話は特に話に詰まってしまいやすいですよね。 そんな時はこの占いの結果を皮切りに、自己紹介を交えながら相手の誕生日を知ったり、他の共通点を知るきっかけになるばかりか、知った人は何故か自分の周りの人の誕生日を調べてみたくなるのです。 当てはまらなかったりする所も、ここは違うなと一緒に見れば距離も縮まりそうですね。是非楽しんでみてください。